額縁額装壁掛鏡の店 純真堂

純真堂ブログ <額装のココロ>

純真堂ブログ
<額装のココロ>

ロシア・ワールドカップ盛り上がってますね。総じて1試合1試合が密度の濃い試合が多くて面白いですね。代表チームとクラブチームのどちらが強いか、どちらの試合が面白いかなどと論じられた時代は遥か遠く、サッカーの真の醍醐味はやチャンピオンズリーグやリーガ・エスパニョーラに完全に奪われたものだと思っていたのですが、各国の代表チームのサッカーは「背負っているものが違う」というところでしょうか。独特の熱量を感じます。

日本代表にも唸らせてもらいました。当初は勝ち点を取ることさえ疑わしいとされていたのに、決勝トーナメント進出、そして優勝候補のベルギーに対してもリードを奪う展開を見せました。攻撃面に関しては持っているものは出せた、と言えるのではないでしょうか。物議を醸しているポーランド戦の終盤の試合運びはともかく、チーム力としてはワールドカップを戦うに十分なものを備えていると証明したと思います。

ただし、僕が日本代表の試合が終わって、残念に思い、そしてやはり釈然としないところはベルギー戦でロスタイムの失点のことなのです。これは僕の偏見に基づいていますが、ハリルホジッチ前監督があの試合の指揮を執っていたら、あの時間帯、あの形での失点はなかったのではないかと思えるのです。以前にハリル氏はインタビューで現代サッカーにおいてはセットプレー以外の大半のゴールはボールを奪ってから10秒強の間に生まれており、それ以上時間がかかってしまうと、ゴールが生まれる確率は非常に下がるというような主旨の話をされていました。彼はその傾向に基づいて攻撃戦術を選んでいたのです。
つまり、ハリル氏からすればあのロスタイムに受けた超速攻カウンター(ボールが渡ってから9秒35で失点)は、一番警戒すべき(攻撃側であれば志向する)ことであったはずです。

現監督の西野氏は試合後の会見で、あのカウンター攻撃を受けることを予測できなかったと述べていました。技術委員長としてハリルジャパンの全練習に帯同していたということを踏まえると、その点にもっとにケアがあれば…と思ってしまうのです。2点の先制から3点取られて負けてしまいました。ディフェンスリーダーの吉田選手は「よくやった、と美談にしてはいけない」とコメントしていました。気骨ある言葉だと思いました。

 

        

こちらは水彩画家の伴野重由さんの作品です。森の中のメリーゴーランドに向かう父子の後ろ姿を描かれています。この作品を3種の別々のフレームに額装しました。どの額装が一番見栄えがするのかはお好みだと思うのですが、作品の見え方が額装によって大きく変化することがよくわかると思います。この印象の違いは面白いでしょう。これは額装という行為の大きな醍醐味の一つです。このように、すでに額に入れて飾られているものでも、額やマットを変えてみると、作品の新たな見方を発見するきっかけになると思うのです。もう見慣れてしまったかもしれない作品にも、もう一度出会う新鮮さや愛おしさが生まれること請け合いです。
皆さん、お持ちの作品の額縁を交換してみませんか?これが純真堂が提案するリフレームのススメです。ぜひぜひご一考を〜。

 


posted by

ワールドカップ 始まりましたね


category:
ブログ

2018.06.18

今日朝のバイトから帰ってきて大阪で大きい地震が起きたことを知りました。
大阪には弟夫婦がいるので、安否が気になりましたが無事だということで一安心。彼は東日本の震災の時は東京におり、今は転勤で大阪にいます。日本で生活するとなれば誰でも地震のことは避けては通れない問題です。近い将来、さらに大きな被害が出るとされている地震が高い確率で起きると予想されています。その時の被害をできるだけ少なく抑えるための対策・準備を小さなことでも心がけていきたいと思います。今回被害に遭われた方、またご不便な思いをされている方に心よりお見舞い申し上げます。

 

 

 

さてこちらの額装は日本画家であり、また創作人形作家の顔を持たれる西岡信子さんの作品「武者ひな人形」です。寸松庵という小色紙に描かれた武者人形と雛人形を一つの額に対に並べて額装しました。可愛らしく「和」の情緒があふれていますが、実際の作品を前にすると、驚くほど緻密で繊細に描かれた作品だとわかります。

さてさてワールドカップ始まっておりますね。今大会は劣勢と思われている国の方がいいサッカーをして、幸先のいいスタートを切っている試合が多いですね。昨日のドイツ対メキシコ戦もそうですが、アルゼンチン対アイスランドの試合もグッとくるものがありました。はるか昔のことになりますが大学の卒論のテーマに「アイスランド史」を選んだ僕なので(行ったこともないくせに)アイスランドは永遠の憧れの地なのです。
アイスランド代表のサッカーは一言でいえば愚直なサッカー。口の悪い人からすれば面白くないサッカーかもしれません。しかし、強豪アルゼンチンから引き分けをもぎ取り、勝ち点1です。僕が感じたのは彼らが彼らのスタイルに持つ「プライド」でした。それはサッカーにおいて一つの答えだと思うのです。サッカーの大会は勝ち点の取り合いが本質です。

モロッコ対イランの試合もお互い力の入った秀逸な試合でした。最後に起きたドラマを笑う人間はいません。あそこまでやればああいうことも起きるのがサッカーです。

今回の日本代表チームには直前に起きた不可解な監督交代劇などもあって、かなりバタバタした雰囲気を感じています。僕はハリルホジッチ監督の標榜する目から鼻に抜ける攻撃スタイルに新鮮さを感じていただけに、かなり残念な気持ちがあるのは正直なところですが、今となっては現体制で結果を出してもらわないと全てが嘘になってしまいます。田嶋会長の言葉を借りれば「2%確率が上がったから勝ち点が取れた」のだと‥。まぁ何はともあれ選手には頑張ってほしいところです。

序盤から世界の目線はあったまっています。さて‥。日本代表は。

 

 


posted by

夏の前には梅雨が来ますねぇ


category:
ブログ

2018.05.30

さてさて、5月も終わり6月に向かいます。梅雨入りも目前ですね。プロ野球の交流戦も始まりました。僕はジャイアンツファンなので、去年の交流戦も含めた長期連敗がトラウマになってしまっているので、交流戦はなんとか五分くらいの成績でしのいでくれないかなと思っております。五分でしのぐのも現在の実力では酷なのか‥?というところもありますが‥。琴奨菊、夏場所は地味ですが勝ち越しました。早よ来い名古屋場所です。

野球の話を続けますが、中日に藤嶋というピッチャーがいます。東邦高校の藤嶋健人君といえばピンとくる方も多いと思いますが、彼です。名古屋を本拠地とする中日ドラゴンズに入団し、今年2年目です。去年は1軍での登板機会はありませんでしたが、今年は1軍で投げています。

まだ勝負所で、という使われ方ではありませんが、6試合登板で防御率0.79 ですから今の所は好成績です。投げているという情報は知っていたのですが、ついにテレビで投球の様子を見られました。高校生の時はガッチリした身体つきだな〜と思っていましたが、そのイメージよりもスラッとした感じで、プロ野球の選手という観点では、まだまだこれから身体が強く大きくなるかな、というイメージです。いわゆる初々しさというものがありましたね。…なんて分かったような事ばかりのたまいますが、実は僕はちょっとだけの自慢ですけど、彼がいた東邦高校のチームが3年生最後の夏の甲子園出場を決めた、愛工大名電との愛知県大会決勝戦を岡崎球場で観戦しているのです。あの試合は実にいい雰囲気の試合でした。試合前の練習、各校のブラスバンド応援。今思い出しても夢のようです。そして球場からの帰りの渋滞は文字通り悪夢でした。僕は娘が藤嶋君と同級生ということもあり、噂はチラチラと聞いていました。決勝戦も東邦側のスタンドに座りました。東邦高校が勝ってよかったですが、仮に負けていたとしても両校の選手達よありがとう、という気持ちになっていたと思います。高校生のスポーツの素晴らしさよ、でした。

  

藤嶋は一軍昇格後、ジャイアンツ戦もすでに投げています。敵ながらナイスピッチングをされました。まぁ昔からジャイアンツは初顔には全く抵抗できませんから、これはいいとします。ドラゴンズは地元出身の選手に特に期待しますが、過度の期待はかけすぎないようにじっくりと育てて欲しいところですね。そうすればいずれ僕があの昔話をする機会も増えるというものです。

 

さて この作品は岡崎市在中の作家鈴木康泰さんの自画像作品です。とても正直にまっすぐな方で(ちょっとシャイ?)、この作品からは実によく人柄を感じられる気がします。いい意味で素直な高校生のような雰囲気を持っているですね彼は。僕としては極力、作品に情報(負担)をかけないこういう額装、いいなと思っています。では。

そういえば、今夜は大会前の最後の代表戦ですね。どうなるかな〜。

 


posted by

GWも終わりです。


category:
ブログ

2018.05.06

5月のGWも最終日です。久々のブログを書いております。

純真堂を始めてから2回目のGW でした。前半は営業に勤しみ、3、4、5日はお店を休みとしました。

3日。朝はバイト。日中は思い出したように草むしりをする。夜には足がパンパンになってました。僕にドクダミの生命力を。
DSの麻雀を見つけ久しぶりにやる。ハマる。ハマりよる。やるんじゃなかった。夜はカレー調理。

4日。バイト休み。ポスティング用のチラシ折り。けっこうな時間折ってました。DS 麻雀の後、「The Triangle(2016)」というDVD を観る。これはひどかった…。
検索してみたら好評価があまり無い。近頃ジャケットで選ぶとろくなことにならない。

5日。朝バイト。昼からドルフィンズ・アリーナ(現・愛知県体育館・笑)で今シーズンのリーグ最終戦を息子と一緒に観戦。今シーズンはまだ2試合目。
一昨年までは毎年10〜15試合くらいは見ていたのだけど、今の生活サイクルでは仕方がない。会場の雰囲気が以前とだいぶ違うな〜という感じ。年末に見た時からも違う。チアのダンスも変わった。いいことなのだ、と考えよう。会場の入りは3000人強だと。GWでリーグ最終戦。もちょっと入っても良さそうなものだけど、これでも普段の試合よりは多い。相手は栃木(田臥選手のいるところ)。栃木の熱心なファンが遠路はるばる大勢来られる。その前に体育館に入るまでが大変でした。
この度できた金シャチ横丁の宗春ゾーンというところがお堀沿いの敷地の入り口にあるもので、すごい人出です。この人たちの内どれほどの人が、すぐそこの体育館でこれから名古屋の名前を冠したチームが公式戦を行うと知っているんだろうか?と思いました。体育館には3000人いましたが、すぐ外には多分「万」の数の人がいたんじゃないでしょうか。試合はロースコア勝利。僕はロースコアの試合も嫌いではありません。今年は2戦2勝です。息子と一緒に行ったお陰かもしれません。年末も一緒に見ました。しばらく負け試合の印象なんて無いと言っておりました。???‥。確かに勝率は上がってきました。ホームゲームではかなりの貯金を作っています。しかし、ドルフィンズを追いかけて「負け試合の印象が無い」というのは‥?。僕はJBL、NBL、Bリーグと、かなりの数の試合を見てきましたが、まだ完全に負け越しています。「負け試合の中に何かを見出す」が信条でした。今は昔‥なのでしょうか。
ともあれ、週末から始まるプレーオフには今年は出場します。相手は琉球ゴールデンキングス。皆さま、沖縄に「勝利の念」を送るようお願い申し上げます。

夜は「Split」というシャマランの作品を見ました。面白かったのですが、何しろ主演のジェームズ・マカヴォイの芝居が凄すぎて、話自体はシャマラン映画独特ののサスペンス・ホラーの切れ味を堪能、というまでには行き着きませんでした。ジェームズ・マカヴォイ。「ウォンテッド」から10年。とんでもない役者になってます。はい。

 

そして今日です。また朝バイトの日常。今日は純真堂の営業再開です。お昼過ぎには可愛いお子さんを連れたご夫婦が水彩画の額装に来店されました。ご自身のお子さんを描かれた水彩画で、5月5日の日付がありました。こどもの日に小さなお子さんの絵を描く。その絵を額装させていただく。うんうん。こういうことをやっていけたらと思うのですよ。ただただこういうことを繰り返していこうと思うておるのです。はい。

 

こちらは花井正子さんの作品です。
4月にギャラリースペースプリズムで発表されました。


涙壷 b,   48.0×36.5㎝ pastel on board

 

明日の朝はバイトが無いので、今日の夜は少し夜更かしをして「湿地」というアイスランドの映画を観ようと思うております。アイスランドを舞台にした映画はいくつかあると思うのですが、アイスランド産の作品というのは思い出してみたら、「コールドフィーバー(永瀬正敏主演)」以来です。非常に興味深い。ではまた。

 

 


posted by

展示会のお知らせ


category:
未分類

2018.04.06

4月10日(火)より、日動画廊名古屋において、「REGION 2018 ―中部画壇を担う新鋭作家たち―」が開催されます。

純真堂で額装させていただいた、壱岐雅信さんの作品が出展されます。

 

 

会期:2018年4月10日(火) ~ 4月21日(土)

平日 11:00-19:00 / 土曜 11:00-18:00

定休日:日曜日

会場:日動画廊  名古屋

名古屋市中区錦2-19-19 広小路センタープレイス1階

電話:052-221-1311

 

皆さま是非足をお運びくださいませ。

 

 

 


posted by

1 2 3 4 5 6 7